読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本と写真と珈琲が好き

書きたいこと、写真に残したいもの。思いつくまま、気の向くままに。

バンクシーの言葉

If we wash our hands of the conflict between the powerful and the powerless we side with the powerful -We don't remain neutral. 「強者と弱者の争いから手を引けば、強者の側につくことになる。中立でいることにはならない」 2014年にバンクシー氏…

森達也監督作品『FAKE』レビュー

ついでにというか、こちらも載っけておく。 1月21日にまちなかぶんか小屋で主催したドキュメンタリー映画『FAKE』上映会にて、会場で配布した解説用小冊子に掲載した文章。まあ、映画通でもない自分が解説というのも超おこがましいが、なかなかどうして、…

「文庫X」レビュー

旭川のローカル月刊誌『グラフ旭川』に出す予定だった原稿。 こども冨貴堂さんから依頼されていたが、向こうとのタイミングが合わなかったらしく、この原稿はお蔵入り、というか別のところ(チーム「今だから」の機関誌『菜の花通信』)に掲載されることにな…

「逃げ恥」についての考察

TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がおととい最終回を迎えた。 今日、TBSオンデマンドでじっくり二回目を観た。 しみじみと、しっくり。 ときどき泣きそうになりながら、やっぱり最後までいいドラマだな、と実感。 言い訳っぽいけど、本当に最近はドラマ…

免許更新な12月

車の免許証を更新してきた。 毎度のことながら、だらだらと先延ばしにして期限ギリギリになってしまう。誕生日が11月23日だから、期限まであと5日くらいしかない。行く時間がないわけでもないのに。そりゃそうだ。楽しくもないし、めんどくさいし、お金…

文庫Xと少女マンガ

以前職場の食事会でもらった1000円分の商品券。使い道は本にしようと決めていた。買ったのは、書面を伏せて売ったことで異例の売れ行きとなった「文庫X」。先日、とうとうそのベールを脱いで明らかとなったその書名は…『殺人犯はそこにいる』。これ、日…

クリスマスレクチュア 2016 in Biei

理学博士佐治晴夫さんのクリスマスレクチュアを聞きに、美瑛まで行ってきた。 佐治晴夫さんはあの茂木健一郎さんの師匠だそうで、かなり有名な学者さん。 1970年代、あのボイジャーに搭載された人類の記録を詰めたレコードを作成したお方、らしい。 恥ず…

弱さの情報公開

最近ちょっとメンタルをやられている。 この季節にはよくありがちなことなのだけれど、それにしても今回のはちょっとひどい。突如不安に襲われて、その場で息をしているだけでも苦しくなることが時々ある。こないだも、とある会議中に心臓がバクバクして冷や…

「ひま」について

僕は「ひま」がとても好きだ。 「ひま」をなにより大事にしている。 でも、うまく説明する言葉が見つからなかった。 たまたま立ち読みして見つけた以下のくだりが、自分の中でとてもストンと落ちた。 そして、その子供向けの本を購入した。 本の題名は『世界…

さよならSNS、こんにちはラジオ。

これからはラジオに生きようと思う。Facebookからは1ミリずつでも離れていこうと思う。ネットは調べ物のために使おうと思う。あるいは物書きのために使おうと思う。 テレビがダメだからと嘆かないで、さっさとラジオを聴いていれば良かったのだ。今ほどラジ…

ひからびたミミズに水をかけた話

ひさしぶりの更新である。 実はもうこのブログは凍結しようかと思っていた。やめたり再開したり、忙しいことである。 過去に書いたことが気に入らないからだが、そんなものは忘れて、どんどん更新していけばいいことだ。きっといつか、自分の安定したスタイ…

ナンセンス

意味のあることは大事だ。 自分のしたことがなにかいい結果をもたらした、とか 自分のしたことで誰かが喜んでくれた、という達成感。 うん、大事。 でもな なーんか、疲れる。 最近、相当疲れている。 本当の自分は、無意味なことばっかりしていたい。 結果…

割り勘

どうもブログってのは無理やりネタを作って書かないと続かないもので・・・。 そもそも文章を書くのって、元からそんなに好きじゃなかったしな。 たまに書けば、良く評価されたという程度。好きと得意は違う。 成り行きで文章を書いていると、どうしても独白…

失敗と上書き

アラユルコトヲジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリソシテワスレズ 宮沢賢治『雨ニモマケズ』でいちばん好きな部分。 こんなふうに生きられたらいいねって思うけど、なかなかそうもいかない。 危なくなれば、傷つきそうになれば、余裕がなくなれ…

ネガティブな言葉を並べたってしかたがない

そう、ブログを再開するにあたって、この題名でまず書こうと決めていたのだった。 なのに、早速このザマ。 言葉が嘘くさいなんて、つい衝動的に書いてしまう。 いやいや、そんなことない。 言葉の力にいつも助けられているのは、他ならぬ自分自身だ。 書く以…

言葉って嘘くさくてきらいだ

言葉って嘘くさくてきらいだ。 たとえば、いい映画を観たとき、いい本を読んだとき すぐには言葉なんか出てこない。 何を言ったって、何を書いたって、自分の言葉など陳腐そのものでしかない。 それと同じことが、人間相手にも起こる。 相手を本当に尊重した…

再開

しばらく非公開にして凍結していたブログを、今日から再開する。 非公開にした理由は、あまりにも表題からかけ離れた内容に漂流してしまったせいだが、単純に書いている内容を人に見られたくなくなったというのがきっと本当の理由だと思う。 しかし、そんな…

大好き

うちのかわいい姪と甥は、ことあるごとに「大好き」と言う。 正確に言うと「言っていた」かな? まあ、いまでもたまに言うか。ただ、さすがにもう8歳だし、そうしょっちゅうは言わないと思う。 なんでこんなに言うようになったかなー、と思う。 ママ大好き…

月が綺麗ですね

またくだらぬことを書いてしまった。 (Facebookより) スーパームーンとか、福山の結婚なみにどうでもいいんですけど。感動してるんじゃなくて、情報に踊らされてるだけじゃん。肉眼で大きさの違いを見破れる人が、果たしてどれだけいるんだろうか。「月が…

一行の力

本に書かれた文章や歌詞の中で、たった一行か二行の言葉がなぜか忘れられないことがある。 中学だったか高校だったかの頃、夜眠りかけた後で目を覚まし、そのとき隣の部屋から聞こえていたテレビの音が「火曜サスペンス劇場」のエンディングテーマだった。火…

最近の(どーでもいい)日記

どうも最近不整脈っぽい。いや、不整脈っていうのがどういう状態なのかよくわかっていないのだけど、息を長く吐いたり強く吐いたり声を出したりすると鼓動が乱れる感じがして、その拍子に軽い咳が出る。鼓動が乱れると咳が出るなんて、初めて知った。ネット…

満月BAR終了 & 焼き肉打ち上げ

緑道ウェディングと満月BARがついに終了しました。 大盛況、そして大成功。それと同時に、夏も終わりました。今日は、長雨につつまれる旭川で、暗い部屋に閉じこもりながらこれを書いています。 とても素敵な結婚式でした。業者がプロデュースするのでない、…

セレンディピティという言葉

二村ヒトシ『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』を読んでいる。 女性向けの本だし、正直ふだんあまり読むジャンルの本ではない。 しかし、話題本だと思って軽く見ていると、いい意味で裏切られる本だ。 読んでみると、「セックス」とか「ヤ…

「自分の書いたこと」=「自分」ではない

自分が本当にこう思っていると思って書いたことが、次の日には急に恥ずかしくなったり、いやそれはちょっと違うんじゃないかと思ったりする。 理想に燃えて書いたことでも、すぐ後で、何お花畑みたいなこと言ってるんだ?とか思ったり。 ある事実を知る前と…

好きなことでお金を得るということ

偉大な画家ゴッホが生前に売った絵はわずか1枚で、金額にして400フランだったそうである。自分の作品をお金に代えるというのは、本当に大変なことだと思う。 僕は自分が好きなことをしてそれがお金になるというのはどうにも信じがたくて、それゆえにそう…

ナマクラ菜園と手抜きガトーショコラ

物事が長続きしないのが、ずっと悩みの種だった。 新しいことを始めることは出来ても、それを続けるのはなかなか難しいことである。 文章しかり、料理しかり、英語の勉強しかり。 最近ふと気がついた。 続かないのは、複雑にやりすぎるせいだと。 手順は少な…

しむかっぷ山菜市2日目

翌朝は、予報通りではあったがあいにくの雨。山菜市の準備は、雨の中。時折傘をささなきゃいけないくらい雨脚が強くなった。 山菜市は、道の駅の道路に面した部分にほぼ端から端まで並べて出店される。テントの設営したり、倉庫からテーブルを出したり、椅子…

しむかっぷ山菜市

山菜市に誘われたのは、月1で参加しているモケラモケラの美術部でのことだ。主催がスローフード協会の支部だというから絶対に面白いだろうし、キャンプで行くという話にワクワクして、ほぼ二つ返事で行くことに決めた。 出発は5月30日。山菜市の本番は5…

あるがまま

Facebookより転載 今ふと思いついたのは、たいていの人は「ありのままの」言葉よりも「美しい」言葉が好きなんだろうな、ということ。 「ありのままの〜」なんて歌が流行ったとしても、人々が好きなのは「ありのままという美しい言葉」なのであって、本当の…

小さく説くということ

まずは、『村上春樹雑文集』(村上春樹著)内に収録の「自己とは何か(あるいはおいしい牡蠣フライの食べ方)」から少し引用する。 (以下引用) 小説家とは何か、と質問されたとき、僕はだいたいいつもこう答えることにしている。「小説家とは多くを観察し…

豆電球

雨竜にあるリサイクルショップ「豆電球」へ行ってきた。 雨竜は国道275号線沿いで深川より少し札幌寄り。旭川から行くと、車で1時間程度の町だ。雨竜といえば何が有名なんだろう。名前から思いつくのは雨竜沼湿原だけ。残念ながら行ったことはない。 自…

「私は何もしていない」と言えるようになりたい

せっかくなので、引き続き『エブリデイ禅』から少し引用しようと思う。 222ページ「志と期待」より抜粋。 「私たちは、安らぎと満足を見出すために禅のような修行をしているのですが、何をしようとしているのでしょうか?人は日常的に、同じ習慣を繰り返…

エブリデイ禅

毎朝坐禅をした後、読書をする。そのときに必ず一編ずつ読んでいる本がある。 シャーロット・浄光・ベック『エブリデイ禅』。アメリカで20年以上のロングセラーとなっている禅の本だ。この本は、『坐禅ガール』という小説を読んだときに、著者の田口ランデ…

「嫌われる勇気」のある人を嫌うのはかまわないよね?

心屋仁之助という人が、どおーも嫌いです。 根拠を示せって言われると困るんですけど、なんとなく直観でね。しかし、好きって言う人はかなり多いみたいなので、自分だけこういうこと言うのはちょっとためらいがあるんですけど。 何がいや?あの言葉遣いです…

5月20日

5月20日は不吉な日である。 正確に言うと、5月20日前後だが、この時期はたいてい何かしらの不運に見舞われる。 2010年だったか2009年だったか忘れたが、すっかり日が落ちて真っ暗な堤防を自転車で走っていると、一瞬わき見をした瞬間に車止め…

最近よく感じること

最近よく感じること。といっても、日々いろんなことを感じているわけで、その中のひとつということなのだが。 自分には技術が足りない、とよく思う。キャリアが足りないと言い換えてもいいかもしれない。朝早く目覚めると、その後の浅い眠りの中で、起きてい…

古民家カフェ

最初にここを知ったのは何の情報紙だったか、もう忘れた。 ずっと行きたくてうずうずしていた場所がある。 深川の古民家カフェ「花さんぽ」。 深川駅のすぐそば、駅を出て旭川方面に少し歩いた場所にその店はある。 最近では、古い物とか、古い建物にとにか…

小樽・札幌・ゲストハウス その5

焙煎体験が終わったら、あとは特に予定はない。 すぐ帰ってもいいし、せっかく来たのだから適当にぶらぶらしていってもいいと思っていた。明日の午前中に旭川で用事があるが、今日中に帰れば問題ない。 結局、札幌の友達と円山動物園に行くというカワムラさ…

小樽・札幌・ゲストハウス その4

早朝6時。 なぜか早起きのお年寄りに混じって中島公園を散歩している。肌寒いが天気は良好。 この日の朝は、真下のベッドから響いてくるすさまじいイビキで、半ば強制的に寝室から追い出された。いくら生理現象とはいえ、あまりにも堪え難く、ちょっとだけ…

小樽・札幌・ゲストハウス その3

そして舞台は札幌へ。 たった3日間のことなのに、書き出すと想定を大幅に超えて長くなる。後悔先に立たず。 つづくと言った以上は、書かねばなるまい。楽しみに待っている読者はまさかいないと思うが。 2日目の宿は、札幌ゲストハウスやすべえ。 ふだんは…

小樽・札幌・ゲストハウス その2

小樽2日目。 ゲストハウスとまやで目覚めた。 ゆうべは一番風呂をいただき、12ベッド満室でにぎやかな中「とまや宴」に参加した。 イタリア人のニコラをはじめ、年代も性別もまったくのカオスである。 一人旅でこういう宿に泊まるという人たちは、きっと…

小樽・札幌・ゲストハウス その1

仕事は3月で終了し、現在ニート中。 暇をもてあまして気が狂うかと思ったら、意外なことに、何かと予定が入る。 選挙事務所のお手伝いに行ったり、野外音楽イベントの実行委員をやっていたり、トークイベントで写真を撮ったり、まちなかぶんか小屋というイ…

さてと

ブログの第1回目って、みんなどんなこと書いてるんでしょうね。 小説の書き出しと同じで、とっても難しいです。 小説、書いたことないけど。 ブログは過去に何度も始めてるんですけどね。 まあ、続きませんね。 SNSは続いている。なんでだろう? あれかな?…